水漏れ修理を依頼する前にすべきこと

キッチンや洗面台の水道管が壊れて勢いよく水漏れが発生したら、パニックに陥りそのまま修理をしてくれる企業に電話をしてしまう人が多いかもしれません。でも、そのような焦った状態で依頼先を決めてしまうと失敗してしまう場合が多いです。そのため、水漏れが起きた際にはまずは水道の元栓や止水栓を止めることをおすすめします。なお、その止め方はついてる場所によって大きく2つに分けられます。

まず、給水管のところに元栓や止水栓が付いているところが分かった場合、そこを閉めれば完了です。その際には、ドライバーがはまるマイナスの溝があるタイプと蛇口で開け閉めができるものがあるので、タイプに合わせた対応方法をとってください。これをしないと水が止まらず水漏れの被害は拡大し続けてしまうので、一番最初にやるべき行動です。覚えておきましょう。

ただ、水漏れした箇所によっては元栓や止水栓の場所がわからない場合もあるかもしれません。その際には、思い切って家の外にある大元の元栓や止水栓を閉めてしまうのがおすすめです。家全体の水が止まってしまうものの水漏れで床が傷んで家財がダメになるなどの二次被害の発生させるくらいなら、一時的であれば止めてしまうべきと言えます。ここまでで元栓や止水栓を閉めることができたら、腰を据えて修理をどこに依頼するかじっくり決めましょう。

その際には、賃貸マンションや貸家に住んでいる場合修理を依頼する前に必ず管理会社や大家さんに連絡を入れるのを忘れないようにしてください。枚方の水道つまりのことならこちら

Filed under: つまり, 水道, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website