水漏れトラブルが発生したら修理業者を検索

水漏れトラブルが発生したら、慌てずにすぐに来てくれそうな修理業者を探すことが大切です。どこに依頼しても、到着まではしばらく時間がかかります。その間に周りまで水浸しになっては大変ですので、応急処置を行いましょう。排水管にひび割れている個所があればテープを貼るのも良いですし、タオルをたくさん用意して敷き詰めるのも有効です。

また、ポタポタと垂れてくるタイプの水漏れでは、下にバケツや洗面器を置くことで上手く溜めておけます。原因の場所が分からなくてもできることがあります。止水弁で水を止めればトラブルを一時的にストップできますので、到着までの間はそれでやり過ごすことが可能です。止めてしまうと全く水が使えませんので、もちろんずっとそのままにしておける処置ではありません。

しかし、大量に水があふれ出てくるような時には止水弁で止めるのが一番であり、業者に修理依頼をした場合でもそのように支持されることが少なくありません。指示を受けたらその通りにして待つのが得策ですので、やるべきことが分からなければ指示を仰ぎましょう。依頼した修理業者が到着したら、水漏れトラブルの原因を伝えます。分からない時には曖昧な情報は伝えずに、実際に見てもらうのが一番です。

分からないのに曖昧な情報を伝えて間違っていると、かえって現場は混乱します。正しい情報のみを使えるようにして、後はプロがどのような判断を下すのかを待つだけでOKです。

Filed under: トイレ, 水漏れ, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website