赤ちゃんのいたずら防止機能があるウォーターサーバー

赤ちゃんが生まれたばかりの頃は、何の問題もなくウォーターサーバーを使用してミルク作りをすることが可能ですが、赤ちゃんが1歳くらいになってくると少しずつ行動範囲も広がってくるので、ウォーターサーバーのレバーに手が届いてしまうようになるので、いたずらができてしまって心配だという人も多いです。しかし、最近ではほとんどのウォーターサーバーに赤ちゃんのいたずら防止のためにチャイルドロック機能がついています。一般的なチャイルドロック機能は、温水を出して火傷してしまわないようにレバーを固定するというものです。子供の力では簡単に解除できないようになっています。

日本のメーカーであればほぼついている機能なので、いたずらするような年齢になっている子供がいる家庭では非常に安心して利用できます。また、温水のレバーだけではなく冷水のレバーにもチャイルドロック機能が採用されているサーバーもあります。使用感についてもメーカーによって異なっていて、大きく分けると2種類あり、チャイルドロック解除ボタンを押しながらグラスに注ぐタイプとレバーをおくに押し込みながら下げることでグラスに注ぐタイプとあります。どちらにもそれぞれメリットデメリットがあるので、サーバーを設置しようと考えた時にそれぞれを比較しながら決めるようにしてください。

よりいたずらを防止するためには、サーバー付近をベビーサークルで囲うという方法もあるのでスペースに余裕がある場合はそうすることも一つの手です。

Filed under: つまり, 水道, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website