浄水器を評判で見てみよう

浄水器は業務用はもちろん家庭用も常識となりつつあります。お水のおいしさや品質だけでなく、日常的な利用しやすさなど利用者のこだわりに合わせていくつもの形式があります。浄水器は、大きく分けて蛇口取り付け型、据え置き機器型、ポット型の3つに分けられます。それぞれの評判を見て行きましょう。

一つ目は蛇口取り付け型ですが、これは蛇口に直接取り付けたり、蛇口部分を浄水器と交換する方式があります。普通に水道水を使う感覚で使用できるため便利でなじみやすい方式と言えます。原水に含まれる微小粒子や有害成分を取り除き、メーカーごとに異なりますが数か月単位でカートリッジを交換しながら使用します。レバーなどで原水と浄水を簡単に切り替えることができ、蛇口部分をはずして洗浄することも可能です。

主に少人数家族に向いています。次に据え置き型は水道の蛇口とは別に据え置き型のノズルから浄水を得るタイプです。浄化能力が高く、高品質の水を一度に大量に使うこともできます。原水のタイプによって浄化方式を選べるものや水の酸性度を調整できるものなどもあります。

設置場所をとることや初期費用がかかる面はあるものの、能力の高さで評判の高いものと言えます。最後にポット型ですが、これはフィルターを通して一般のウォーターポットと同様にポットから水を注ぐだけですから、最も簡単な方式です。濾過にやや時間がかかりますが手軽さが好まれます。カルキ臭さを除きたい、健康のためアルカリイオンの水やミネラルの多い水を求めている、美容のために弱酸性の水を使いたいなどどのような水が欲しいのかによって評判も異なってきます。

浄化方式や初期費用だけでなくランニングコストについても比較して自分に合ったものを選ぶことをお薦めします。

Filed under: つまり, 水道, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website