蛇口からの水漏れのトラブルの修理の仕方

蛇口からの水漏れのトラブルが起きると、水道代も高額になるので早い修理が欠かせません。ぽたぽたと落ちるだけでも無駄遣いになりますし、音や漏れが酷くなると床などに溢れてしまう可能性もあります。電話をすると駆けつけてくれる水漏れトラブルの修理業者もありますが、蛇口周辺の軽い漏れなら自分で直せる場合も多いです。排水溝のつまりやトイレの便器・タンクの故障など、水回りの修繕は経験がないと不安になりますが、蛇口付近の水漏れトラブルなら、仕組を理解し正しい手順で行えば修理も簡単に行えます。

最初に漏れている個所を特定しそれぞれの手順によって行っていきます。ハンドルを閉めても先端の吐水口からぽたぽた漏れてくるときは、コマパッキンの劣化が原因なことが多く新品へ交換するかコマごと取り換えます。パイプが回転するタイプだと付け根から漏れることがあり、最初に水栓とパイプをつなぐナットが緩んでないか調べてから、緩んでいるときはウォーターポンププライヤーで締めつけます。緩んでないときは内部に使っているパッキンの劣化が原因で、新しいものへと交換します。

水栓を壁や台へねじ込んでいる部分のパッキン、ねじに巻いたシールが劣化していても漏れてくるので、パッキンとシール両方を新しいものへ替えると直ります。ハンドル下からじわっと漏れているときには、カバーナット内の三角パッキンが劣化しているのでこちらも新品へと交換して対処が出来ます。

Filed under: 水漏れ, 生活/暮らし, 蛇口Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website