「水漏れ」と「排水つまり」の修理方法

「水漏れ」と「排水つまり」では、素人ではどちらが修理をしやすいかと言いますと、「排水つまり」です。「排水つまり」のほうは簡単に言ってしまいますと、異物を取り除くだけで事足りるからです。もちろん、取り除くにはいろいろな道具が必要ですが、それもラバーカップとワイヤー式パイプクリーナーがあるなら、ほとんどの「排水つまり」は解消することができます。ですので、ここでは「水漏れ」の修理方法について説明します。

「水漏れ」の修理のポイントは「漏れている箇所の特定」です。ある意味、漏れている箇所さえ特定できなたら「もう修理は完了したの同然」です。蛇口には「単水栓」「ツーハンドル水栓」「シングルレバー水栓」の種類があります。これらの推薦で水が漏れている箇所ごとに修理方法があります。

パイプの先から水が漏れている場合は、コマパッキンが傷ついていることがほとんどですので、これを交換します。コマパッキンはケレップとも言いますので、その部品をホームセンターなどで購入します。100円ショップでも売られています。使う道具はモンキーレンチとピンセットですが、まず蛇口の下のナットを外します。

それからハンドルを外してケレップを交換します。ケレップはとりにくいのでピンセットで取り出します。あとは元の順番で戻すだけです。ハンドルの根本から水が漏っている場合は、ハンドルの中の三角パッキンという部品を交換します。

これも先ほどと同じようにハンドルを外して三角パッキンを交換して元に戻すだけです。こちらも100円ショップなどでも販売されています。

Filed under: トイレ, 水漏れ, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website