化粧水の選び方について

化粧水とは、洗顔後に保湿をしてキメを整えるためにつける基礎化粧品のことを言います。洗顔後は、肌に必要なうるおい成分や皮脂なども落とされている状態です。そのため肌が無防備になっている状態になります。そこに化粧水をつけることによって水分と保湿成分を補うことで肌にうるおいを与えて、美容液などが浸透しやすい状態に肌が整います。

化粧水には様々な種類がありますが、選ぶ場合には自分の目的にあった成分が含んでいるものを選ぶことが大切です。保湿を目的とした高保湿のものから、シミやソバカス対策として美白に効果的なもの、ビビやあかぎれにはアルカリ性のものがよく、キメを整えたい場合には収斂機能のあるものがオススメです。その他、古い角質や汚れを落とすものやニキビに効くものなどがあるため、自分の悩みにあったものを選んでいきます。具体的な成分としては、セラミドは肌にも存在するうるおい成分で高い保湿力を期待することができます。

ビタミンC誘導体は活性酸素を除去して美肌や毛穴の引き締めに効果があり、水溶性の抗酸化成分は肌の老化を抑制します。他にも様々な成分がありますが、自分にあったものを選んでいき、洗顔後はすぐにつけることによって効果を発揮します。また、化粧水だけをつけるというスキンケアでは肌の乾燥を促してしまうため、つけた後はきちんと乳液やクリームなどで水分を逃がさないように蓋をすることで肌の潤いを保つことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *