化粧水はぜいたくに使おう

年齢と共に肌の自浄作用は低下していき、自力だけでは肌の潤いを保てなくなってきます。そのままでいると乾燥が進んでしまい湿疹や炎症などの原因となります。それを防止するのが化粧水です。メイクをしたから化粧水をつける、女だから何となくつける、では意味がありません。

また、肌質やお財布事情に合わない高級な化粧水を少しずつ使うのは無駄なことです。肌を保湿するために使うのですから、化粧水はぜいたくにじゃぶじゃぶ使うことが大切です。たっぷり使ってももったいないと感じないランクで構いません。たくさん潤いを与えてあげましょう。

ときおり保湿しすぎはかえって肌に良くないという意見も出てきますが、肌は一定量以上の水分は吸収しないようにできています。肌に良くないのは塗布の仕方が良くないからです。コットンや手でゴシゴシと強く擦りつけたりはせずに、優しく肌の細胞にしみ込ませるようにパッティングしましょう。ただしこれらはすべて健康な肌、せいぜい乾燥肌までの人の場合です。

既に湿疹が出てしまっていたりニキビが出てきてしまっている場合は皮膚科を受診したり、専用のスキンケア用品を使って治すことから始めましょう。ちなみに化粧水には肌のピーリングをしたり、美白を促したりと用途が多岐にわかれています。またアルコールに敏感な人のためにノンアルコールの製品も作られています。自分の肌質をよく理解し、自分に合ったものを使って保湿するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *