敏感肌の化粧品選びで重要なこと

一度敏感肌になってしまうとなかなか回復することができず、化粧品選びも大変になります。敏感肌の症状が長引いていたり、繰り返し起こっている場合には化粧品が合っていない可能性もありますので、一度見直してみた方が良いかもしれません。敏感肌の人は皮膚のバリア機能が低下してヒリヒリとした痛みやかゆみを感じることが多くなります。要因は加齢や乾燥、誤ったスキンケアなどであり、潤いを保持するために必要な成分が不足することで弱まります。

改善したい時には角質層の水分量を増やす必要がありますので、成分的にはセラミドが有効です。角質層の水分の半分はセラミドなどの角質細胞間脂質であり、この成分が敏感肌の回復に深く関わってきます。補うことで肌のバリア機能が強化されて、潤いやハリを持たせる働きのあるヒアルロン酸やコラーゲンを一定の量に維持することができますので、コンディションはかなり良くなるはずです。メイク用品を選ぶ時には、ファンデーションをパウダータイプにします。

リキッドタイプはカバー力が高いのですが、界面活性剤が多く含まれていますので刺激が強くなります。できれば保湿成分が含まれているものを選び、長時間つけていても肌に負担がかからないようにすることも大切です。メイクをした後は必ず落とさなければなりませんが、強力なクレンジング剤を使わなければ落ちないような化粧品は避けた方が無難であり、石鹸で落とせる商品なら安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *