敏感肌の人の化粧品の選び方

ご自分が敏感肌かどうかわからないと言う方もいらっしゃいますが、化粧品を使った時に、痒みが出たり、ひりひりしたり、赤くなったり、発疹が出たりする方は敏感肌の可能性があります。その時はすぐに顔を洗って化粧品を洗い流しましょう。ただ単にその化粧品が合わなかったと言う可能性もありますので、新しく化粧品を選ぶ場合、出来ればテスターを使用するとか、試供品があればそれを貰って試すと良いでしょう。乾燥肌でお肌がハタケになって粉が吹いてしまうなどの方も敏感肌になる可能性がありますので、気を付けましょう。

テスターや試供品をもらったらいきなり顔に付けると、もしも合わなかった場合肌トラブルの原因になりますのでそれは避けましょう。先に、首や腕の内側、膝の裏などの敏感な部分に試し塗りをして様子をみるのが良いでしょう。そこで特に問題がなければ最初のハードルはクリアです。何故最初なのかというと使い続ける内に肌に蓄積してトラブルが起こる場合があるからです。

その場合はすぐに使用を中止しましょう。使い続けるとトラブルがひどくなる場合もあります。敏感肌用に開発された化粧品も最近では普通にドラッグストアにありますので、それらを利用するのも良いでしょう。敏感な方用のものは大抵試供品がありますので是非試してみてください。

それでも合わない場合は思い切って皮膚科の受診をお薦めします。皮膚科で処方してくれるものはきちんと先生が見てくださいますので安心して使うことができ、また、敏感肌の改善にもつながるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *