敏感肌のための優しい化粧品選び

敏感肌の人は毎日のお手入れにも気を使います。基本的に刺激があるものはNGですので、化粧品にはアルコールや添加物、香料などが含まれていないことが条件となります。特に乾燥の酷い人はアルコールによって症状を酷くしてしまうことがありますので、クレンジングの類であっても含まれない方が安心です。毎日のケアに使う化粧品が肌に合わなければ、コンディションを整えるどころか状態を悪化させてしまうことにもなりかねません。

敏感肌はバリア機能も弱まっていますので、刺激は避けて優しくケアすることを目指さなければなりません。抵抗力の弱まった敏感肌のお手入れで必ず取り入れなければならないのが保湿です。化粧品には様々な保湿成分が含まれていますが、その中でも効果的なのがセラミドです。セラミドにも複数種類あり、肌馴染みが良くて保湿力に優れているのがヒト型セラミドです。

セラミドを取り入れると肌中で水分を抱え込む働きが強化され、ハリや潤いのある肌を取り戻すことができます。セラミドと一緒にヒアルロン酸やコラーゲンを取り入れると更に潤い効果は高まりますのでおすすめです。また、ファンデーションを選ぶ時には肌に負担のかかるリキッドタイプではなくパウダータイプを選ぶことも大切です。リキッドタイプは毛穴を塞いでしまいますのでバリア機能の弱った敏感肌の人には向きません。

サラッとした使い心地のパウダータイプの方が肌への負担は小さくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *