敏感肌の人が使う化粧品

敏感肌の人は、通常の肌の人に比べると刺激に弱く、赤くなったりカサついたり、さらに湿疹が出てしまったりする事があります。その為、化粧品を利用する場合も十分注意して選び、自分の肌に合っている物を選ぶ事になります。通常は敏感肌用と言うのを選びますが、肌質は人によっても違うので全ての人に合うとは限りません。出来ればテスター等を利用して自分の肌に本当に合うかどうか、予めパッチテスト等をしてから利用する様にします。

化粧品には天然成分で出来ている物と合成成分で出来ているものがありますが、人によって反応する成分は違っています。その為、天然だから良い、合成だからダメだと言う事が出来ないのが実情です。したがって、敏感肌の人はテスター、若しくはお試しセットでまずは少し使って見て、肌に対する刺激、効果を調べる事になります。ただ、自分の肌で試せば自分に最も合っている化粧品を見つけやすくなりますが、その反面、もし自分に合っていない物を選んでしまうと何らかの刺激を感じる可能性が出て来ます。

試して利用した場合に痒み、痛み等の刺激を感じた場合はすぐに洗い流します。この時洗剤を利用して洗い流すのではなく、出来るだけ大量の水で洗い流すようにします。また肌はとてもデリケートな状態になっているので、タオルで水分を拭き取る時は押さえつけるようにし、絶対に肌をこすりません。通常はそのまま肌を休ませておけば大きなトラブルにならずに肌が落ち着いていきますが、もし状態が良くならない場合は病院で診てもらう方が良い時も有ります。

ロダン&フィールズのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *