スキンケア用化粧品の種類と使い方について

化粧品と一言で言っても、基礎化粧品と呼ばれるスキンケアアイテムもあれば、メーク用のアイテムもあります。メーク用は更に、下地を作るファンデーションなどのメークベースと、アイシャドーや口紅などのポイントメークに分かれます。一般に、一番よく使われるのはスキンケアアイテムです。メークをしない人も、スキンケアは必ずするという人が多いからです。

特にスキンケアは、化粧品市場の中でもシェアが大きく、様々な肌を対象としたものが作られています。ニキビのある肌にも使えるもの、乾燥しがちな肌に水分を補うもの、しみやそばかすを防いで肌に透明感を与える美白アイテムなどが、シリーズになって発売されています。また最近ではアンチエイジング、肌の老化の進行を遅らせるものもあります。また2つの機能、たとえばアンチエイジングと美白アイテムを一緒にした商品も発売されるようになっています。

スキンケアは一般に、朝と晩の2回行います。朝のスキンケアははまず洗顔で汚れを取り除き、メークをする前に肌を整える役割があります。そのため肌をひきしめる収斂化粧水や、紫外線を防止する乳液やクリームなどが用いられることもあります。夜はその逆で、まずメークをクレンジングで落とし、保湿したその後、肌をいたわるためにマッサージやパックをすることもあります。

またスキンケアアイテムのシリーズによっては、朝と夜とで、それぞれ違った用途の化粧品を使い分けるようにしているものもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *