エイジングケア化粧品の進化とは

エイジングケア化粧品は、加齢に対するケアには有効な成分が豊富に含まれているのが特徴です。そこに含まれている成分は時代と共に進化しており、昔では目新しかったヒアルロン酸やコラーゲンと言った成分も、今では含まれていて当たり前と言うような、基本成分のひとつになっています。含まれている成分が進化していると言うことは、それだけ肌に対する老化現象に関しての研究も進んでいる証だと言うこともできます。たとえば昔は、肌に対する老化現象の最たる原因は加齢だと言われていました。

しかし現在では加齢ではなく紫外線による光老化が、最も大きな原因だと言うことが明らかになっています。そのことによってエイジングケア化粧品にも、紫外線による活性酸素によるダメージを抑制するための成分、強い抗酸化作用を持つフラーレンやビタミンCなどが含まれるようになってきました。そして更に研究は進歩して、たとえば糖化と呼ばれる現象も肌老化の一端を担っていることが明らかになっています。これは食事などで摂取した糖がタンパク質と結びついてしまうことで、肌弾力を構成している成分にダメージを与えたり、肌の黄くすみを引き起こすと言う現象です。

糖化を予防するためには過剰な糖の摂取を控えることなどが有効とされていましたが、現在ではこれに対するケアを専門としたエイジングケア化粧品も多数、販売されています。その中に含まれている成分として注目を集めているのが、日本人にはなじみのある桜の花のエキスです。実際、これに対する抗糖化作用を調査した実験結果では、とても高い効果が出ています。桜の花エキスは自然由来の成分ですから、安全性が高いのも嬉しいところです。

このようにエイジングケア化粧品やそこに含まれる成分は、日々進化しています。ロダンフィールズのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *